自動車板金・塗装とは

キズもへこみもなかったことに!

ピッカーズは板金・塗装サービスの全国ネットワーク。板金ってなに? 塗装ってなに? という疑問に、私たちの作業内容を簡単にご説明します。ご自身のお車を修理することになったときも、どんな工程が必要なのか知っておくと、業者選びのヒントになるかもしれません。

自動車板金・塗装とは?

板金

へこんだり傷ついたりした箇所を、専用の工具などを使って元の形状に復元する作業のこと。おおまかには「形を整える作業」を指します。

塗装

板金で修理した箇所に、サビなどを防ぐ下地塗装を行ない、その後に塗料を上塗りすること。おおまかには「色と表面を整える作業」を指します。

ピッカーズでは、「安く・早く・キレイに」をスローガンに掲げ、これを実現するためのハードとサービスに磨きをかけてきました。あなたの大事なお車のキズもへこみも、ピッカーズの独自の技術とサポートで「安く・早く・キレイに」お直しします! ぜひ、お近くのピッカーズにご相談ください。
板金作業の流れはこちらで詳しく解説しています。

一般的な板金塗装の流れを以下にご紹介します。

Step1 前処理

破損箇所を確認し、構成部品を外したり、補修部分の汚れを落としたりします。

Step2 パネルの板金

板金する部分の塗膜を剥がし、破損部分を元通りの形に形成していきます。

Step3 パテ埋め

板金で形を整えても残ってしまう多少の歪みを、パテを塗りこみ、乾燥後にヤスリをかけて滑らかに仕上げます。

Step4 下地処理

最終的な仕上がりをきれいにするため、塗装をする部分に下塗りをします。

Step5 調色作業

経年数や保管状況などにより、微妙に変化する車のボディ色。この微妙な色合いを調色作業により調整します。

Step6 仕上げ・最終点検

塗装についている小さなゴミなどを取り除き、塗装表面を調整します。最終的に、補修部分はもちろん、関連部分などをすべて細かくチェックして、修理完了となります。